シャビーシックリメイク一覧|ナチュラル&アンティークな製品のお求めはNATIA(ナティア)へ。

ナティアデザイン・シャビーなお家とナチュラルな暮らし

2014.10. 2

リメイク古建具の活用術

 入社して半年。最近やっと仕事に慣れ、ふと気付いたことが・・・。
店内や事務所使われているものを良く見ると、昔の障子枠やガラス戸の枠だった・・((*゚゚∀゚゚*))

この天井から下がっているものは、小窓の障子枠です❀❀❀↓
海外の雑貨で見かけるキッチンハンギングのよう~!

tategue.jpg
tategu.jpg

tategud.jpg tategua.jpg
↑ こちらは店内でカフェカーテンやハンドメイド品をディスプレイに使っているもの。・:*:・゜’
ガラスが入っていたらしい。
右隣もガラス戸の建具を使ったパーテーション。

みなAkiさんの発案で、以前はスタッフと一緒によくペンキ塗りをしていたそう。

 中でも一番驚いたのがこちら!↓↓↓
tateguc.jpg ←書院造りの建具をパーテーションにリメイク!!o(ゝω・)o。
こちらのペンキ塗りはまるまる2日かかったそう~
いや~ 塗った人の根気に脱帽~゚+.゚ィィ+.゚(*´I`)゚+.゚+.゚





 Akiさんは、こんなリメイクは当たり前(朝飯前?)なんだろうな~.○o。(o´∀`pq)。:゚+
 探せばまだでてくるかも・・・。。
 こんな面白い発見をしつつ、 これからも頑張って参ります!(・∀・。♪
Tomo          

2014.9.30

内覧会&ティーパーティー

srkanban.jpg 9月29日、爽やかな秋晴れの下
弊社シャビーシックハウスの内覧会を行いました||ヽ(*・∀・*)ノ


←こちらのショールームの看板はアイアンの作家さんに造ってもらったもの。
アイアンを錆加工して、脚付きの文字を溶接してあります。
看板もシャビーにこだわりました.:+:.::.:+

sr3.jpg 塗り壁や木の素材など、ナチュラルなインテリアが大好きな方ばかり6名が見学にいらして、
「クロスの上から塗れるんですか」とか、「木材の加工は大変ですか」など、熱心に質問され、自分も挑戦してみたいご様子でした。

sr1.jpg 建築に詳しいお客様もいらして、小さなセカンドハウスを建てる夢を語っていらっしゃいました゚~(*゚ω゚)

sr2.jpg 見学の後は、手作りのチーズケーキとハーブティーで楽しいティーパーティ~♪♪

理想の住まいから、健康に至るまで、皆さんとっても前向きで、スタッフの私も沢山の刺激を受けました。

皆様ご来場ありがとうございました。+゚m(_ _)m
Tomo          

2014.9.20

文机の華麗なる変身

文机は床座(畳式)が日常であった頃は、大衆家具として普及していました。


f1゙.jpg
←昔の文机゜.+:。゜*☆゜

木目が美しい欅(けやき)や落葉樹の栓(せん)などを材料とし、釘を使わず蟻組(ありくみ)と言われる凹凸を付けた板を組み合わせていく高度な技術で作られています。

そんな芸術的なものを時代に合わないからと捨てられてしまうのは勿体な~い。
かと言ってこのままでは、あまり使い道がないし・・
どうしたら普段も使えるようになるかな・・・ 
そうだ!
脚を足して高くしよう~!ヽ(*゜∀゜*)ノ
そう考え、リメイクしたものを2つご紹介~
フミ3゙.png 最初に出逢った文机は、幅60cm奥行30cmと小さく、ナント明治時代に作られたものでした。
可愛かった~(*≧∀≦*)

いつか何かに使えるかと持っていた鉄製のテーブル脚を付けてみることに。


fumi4゙.png ←After

もう片側の脚には同時代の家具の一部から拝借した板を使い、色が和っぽかったので
白くペンキ塗りをしたら、なんともいえない素敵なコンソールテーブルになりました!(*´︶`*)╯
鏡台にしてもいいよね~♪

f2.jpg そして、もうひとつの文机は、比較的新しかったため(といっても昭和30年代かな?)
そのままWAXをかけ、ロートアイアンで高さ35cm程の頑丈な脚を作ってもらいました。
キャスターを付けて動かせるようにしたので、パソコン台や家事テーブルとして多目的に使えそうです。
現代にも活用できて良かったー∩(´∀`)∩  
文机も喜んでいるかな~
折角なので、この机で遠方の両親に手紙でも書きましょうかね・・
Aki          
1  2  3  4  …  
シャビーシックインテリアの通販サイト
シャビーなお家に似合うインテリアエレメンツ