カーテン紹介

NATIA オリジナルリネンカーテン

NATIAは、2007年から天然素材の麻を用いてカーテンを手作りしてきました。

化学繊維にはない透け感や柔らかな風合いから醸し出される独特の雰囲気は、見る人の心を穏やかにし日本人にあったインテリアを創り出してくれます。

 

特に光にかざした時に出る繊維の美しさ=天然の柄がときめきと心地良さを与え、周りもお洒落に引き立たせてくれることでしょう。

1年を通して自然な布の表情をお楽しみください。

標準仕様 ウェーブリボンスタイル

限りなくシンプルに
リサイクルが可能なカーテン

型にとらわれず、もっと自由に窓辺を飾るものがあっていいのでは……
季節や気分で掛け変えができるような気取らないカーテン……
飽きたら他の用途にも使えるのもがいいな……

  

 

そんな思いから、広巾の生地を用いヒダや芯地をなくして
リボンをつけて仕上げました。
大きな窓から小窓のカフェカーテン、お部屋の間仕切りや収納の目隠しなど、
様々な用途にお仕立ていたします。

ウェーブリボン仕上げの特徴

お好みの寄せ具合が選べます

レールの長さの1.1~1.5倍までお好みのカーテン幅(ゆとり)をご指定可能です。
※こだわりの無い方は、標準の1.5倍をお勧めします。


一般のカーテンレールに吊せます

装飾レールのリングランナー及び一般レールのランナーに結びつけることができるよう細めのテープ(リボン)を採用しています。


カーテン以外の用途に再利用できます

リネンは天然素材の中でも丈夫で長持ちするので、カーテンとして使用しなくなった時は、リボンを外してテーブルクロスやソファー・ベッドカバーなどのカバーリングとして、また小物に作り変えたりして楽しむことができます。


 

カーテンタッセル

束ねた時の楽しさをプラス!
厚手カーテンを束ねるものは舟形タッセルが主流ですが、シンプルなカーテンのアクセントになるようオリジナルを作ってみました。
カーテンと共布でお作りいたします。
一般の舟形タッセルも承ります。

ツイストタッセル
フリンジタッセル
舟形タッセル

トップバリエーション

吊元のデザイン(仕上げ方)は、リボン式以外にも下記からお選びいただけます。
ポケット仕上げ

上部を袋状に縫製したもので、厚手は収納の目隠しなどにシングルポケットで。 レースは窓用カフェカーテンとして、ダブルポケット(上段H2cmは飾り)でお作りしています。 全開しなくても良い場所にどうぞ。


タブ仕上げ

カーテンと共布で棒(レール)を通す輪を付けたもの。 滑走性に劣る為、開閉の少ない場所に向いています。


クリップ仕上げ

リボンを付けずクリップで挟んで吊るすスタイル。クリップは、一般レールランナー用やリングつきのカフェクリップがあり、カーテンと一緒にご注文もできます。


フック仕上げ

一般のアジャスターフック付きのカーテン。芯地と裾にウェイト(重り)が入っています。フラット、1,5倍、2倍ヒダでご指定可能です。


カーテン生地

生地右下の+画像をクリックすると、カーテンに仕立てた画像が表示されます。

密度:数字の大きい方が目が詰まっています。
番手:数字の大きい方が太い糸です。

厚手(ドレープ用)

薄手(レース用)

生地について

天然繊維につき、生地にネップという糸の節や溜り、織りキズ、混入糸が含まれていることがあります。
リネンは吸水性・速乾性に優れ丈夫ですが、シワになりやすく洗濯によって多少の毛羽が出るものもございます。
納品時にお洗濯の方法を記載した取扱書を同梱していますので、参考にされてください。

サンプルのご依頼は、お見積りの後に承ります。
まずはカーテンお見積りフォームにご入力下さい。

カーテン手づくりキット

カーテンを手作りしたい方を応援して、届いたらすぐ縫えるカーテン手づくりキットの販売も開始しました。
生地もカット済みなので、手順書を見ながらすぐに縫い始めることができます。
また生地やリボンの材料のみの購入も可能です。

 
キットの内容

・カットクロス
・リボン(端始末済み)
・製法手順書

ご自分で手作りされたい方は、カーテン見積もりフォームよりご入力いただき、
コメント欄に「手作りキット」又は「材料のみ」とご記入下さい。


お見積もりに必要な幅と高さの測り方

  • レールが付いてない場合 ⇒ 窓枠外寸法(W×H)
  • 既にレールが付いている場合 ⇒ レールの幅(W)とカン下寸法(H)

※枠がない場合や間仕切り、収納カーテンは開口部の寸法を計測してください。

※カン下寸法:レールのランナーの穴下から床まで(腰窓は枠外まで)を測ったもの

 

よくある質問

リネンの透け感はどんな感じですか?
日中室内側から見ると、窓からの光で麻本来の繊維が浮き立ち、素材感がはっきり出ます。レースはNR-4,NR-6は外がよく見え、NR-5は目が詰まっているので若干見え辛くなります。いずれも日中は外から見えません。
厚手は夜外から見ると室内の明かりが見えますが、窓際に行かない限り人影までは写りません。
人目が気にならない窓ですが、レースは必要でしょうか?
夏の暑い日差しや西日を少しでも軽減したい場合は、つけられた方が良いかと思います。逆にレースシングル付けは、視線が気にならない場合でも、夜に明かりを付けた時、視界を遮った方が心理的に落ち着く為、厚手との併用をお勧めします。そのお家の環境によって変わって参りますので、お悩みの際はご相談ください。
家庭で洗濯できますか?
はい、できます。カーテン発送時にお洗濯方法を記載した取扱書を同梱しますので、そちらをご参照ください。
お洗濯の際にかなり縮みますか?
リネンは水を通すと目がしまり乾燥の過程で5~7%縮みますが、乾燥方法やアイロンのかけ方でずいぶん軽減できます。
リネンカーテンは冬は寒いのでしょうか?
通気性がよく透け感があため、冬場は見た目寒い感じがしますが、繊維の中に含まれている空気がサーモスタットの役目をはたし保湿性もあります。
ただ薄手のレースは密度が低い為、厚手とダブルでお使いください。また掃出し窓の場合、カーテンと床の隙間から冷気が入ってくるので、洗濯時の縮みも考慮し外国のカーテンのように裾を5~15cmほど長く作るのもひとつの方法です。
アイアンレールに吊るしたいと考えていますが、リボンを直接レールに結んでもいいですか?
滑走性がかなり劣ります。レースは開閉が少ないので良いと思いますが、厚手は毎日の開け閉めにストレスを感じますので、リングランナーに結び付けてお使いください。
新築中ですがどんなカーテンやレールを選んだら良いかわかりません。
大まかなご予算と取り付けたい窓(開口部)の寸法、または平面図をメールかFAXでお送りください。お好みなども詳しく教えていただけますと、こちらからご提案させていただきます。
コストダウンの方法などもお伝えしますので、お気軽にお問い合わせください。