カーテン紹介

NATIA オリジナルリネンカーテン

NATIAは、2007年から天然素材の麻を用いてカーテンを手作りしてきました。

化学繊維にはない透け感や柔らかな風合いから醸し出される独特の雰囲気は、見る人の心を穏やかにし日本人にあったインテリアを創り出してくれます。

 

特に光にかざした時に出る繊維の美しさ=天然の柄がときめきと心地良さを与え、周りもお洒落に引き立たせてくれることでしょう。

1年を通して自然な布の表情をお楽しみください。

カーテンスタイル

*フラットリボン仕上げ

限りなくシンプルに‥
リサイクルが可能なカーテン

型にとらわれず、もっと自由に窓辺を飾るものがあっていいのでは…
季節や気分で掛け変えができるような気取らないカーテン…
飽きたら他の用途にも使えるのもがいいな…

そんな思いから、広巾の生地を用いヒダや芯地をなくしてリボンをつけて仕上げました。
大きな窓から小窓のカフェカーテン、お部屋の間仕切りや収納の目隠しなど、様々な用途にお仕立ていたします。

フラットリボン仕上げの特徴

1.お好みの寄せ具合が選べます

レールの長さの1.1~1.5倍までお好みのカーテン幅(ゆとり)をご指定可能です。
画像は約1.3倍、当店の標準幅になります。
※幅が広くなるほど、リボンの数が増えるため、カーテンレールのランナー数をご確認下さい。


2.一般のカーテンレールにも吊せます

装飾レールのリングランナー及び一般レールのランナーに結びつけることができるよう細めのテープ(リボン)を採用しています。


3.カーテン丈の調整が可能です

天然繊維はお洗濯によって多少の縮みが発生します。特に縦方向に収縮し、丈が短くなる場合がありますが、リボン結びの位置で調整ができます。


4.カーテン以外の用途に再利用できます

リネンは丈夫で長持ちする為、カーテンとして使用しなくなった時は、リボンを外してテーブルクロスやソファー・ベッドカバーなどのカバーリングとして、また小物に作り変えたりして楽しむことができます。


 

*ボックスプリーツ仕上げ(リボンスタイル)

カーテンの裏側に、生地を箱状に折ってヒダを取りました。
表側はフラットな見た目になります。
リボンの数を減らしてすっきりシンプルなカーテンをお好みの方に☆

リボンではなくフック仕上げをご希望の方は、こちらと逆バージョンの箱ヒダカーテン(表側にヒダ)も製作可能です。

その他 トップバリエーション

吊元のデザイン(仕上げ方)は、下記からもお選びいただけます。
一般の二つ山(1.5倍)ヒダも製作可能です。
ポケット仕上げ

上部を袋状に縫製したもの。レース(薄手)はギャザーを寄せて窓用カフェカーテンとしてダブルポケットに(上段H2cmは飾り)
厚手はフラットにして収納の目隠しなどにシングルポケットがお勧めです。


クリップ仕上げ

端ミシンを掛けてクリップで挟んで吊るすスタイル。
クリップは一般レールのランナー用やリング付き、カフェクリップなどがあり、カーテンと一緒にオーダーできます。


箱ヒダ仕上げ

生地を箱状に折ってヒダを取ったもの。ボックスプリーツカーテンの逆バージョンで表側にヒダがきます。
リボン仕上げとフック仕上げの両方が選べます。


フラットフック仕上げ

生地をほぼフラット使いにし、カーテン芯を入れてアジャスターフックを設置したもの。
よりシンプルなシルエットをお好みの方に。


カーテンオプション

*カーテンバランス

カーテン上部に付ける前飾りです。
吊元はリボン式・ポケット式・タブ式・クリップ式の四つから選べます。
シンプルな中にも少しだけアクセントを*

バランスの下に生成やホワイトのトーションレースを付けることもできます。
カスタマイズされたmyカーテンをお楽しみ下さい☆

*カーテンタッセル

カーテンに縫い付けるタイプのテープタッセル(標準仕様)は房掛けが不要です。
その他、束ねた時の楽しさをプラスしたツイストタッセルやフリンジタッセルも。
厚手カーテンを束ねるものは舟形タッセルが主流ですが、シンプルなカーテンのアクセントになるようオリジナルを作ってみました。
カーテンと共布でお作りいたします。

テープタッセル(標準仕様)
カーテンの端に「既成のリネンテープ」を縫い付けたもの。房掛け不要で束ねられます。(カーテンの共布でお作りすることも可能です)


ツイストタッセル
3枚のフリンジを作りねじったもの。可愛くアクセントを付けたい時に。
フリンジタッセル
フリンジを作り2枚を重ねたシンプルなタイプ。柔らかいタッセルがお好みの方に。
舟形タッセル
フック式カーテンに合う一般的な形のタッセル。